FC2ブログ
こだわりの酒のお店マツザキ スタッフよろずブログ 
気になるお酒のこと、小江戸川越の情報やスタッフのこぼれ話をお届けします!
長ったらしい燗酒のお話(個人的意見)
ゆうだいです。お久し振りです。
11月から新宿店のほうに勤務になりました!
今日はどんなお酒を呑もうかなあ、なんて悩んでいるときは是非話しかけてくださいね!
僕も毎日そのことで悩んでいるのでプロフェッショナルです

さて、近頃本当に寒くなってきたと思いませんか?
埼玉では数日前に木枯らし1号なんかも観測され、なんだか冬がきたんだなあっと感じるようになってきました。

寒い季節にお客様ならなにを飲みますか?

焼酎のお湯割り、ホットワイン、今年はホット梅酒なんかも流行るかもとのことですが・・・

今日はやっぱり熱燗のことを長ったらしく話しちゃおうかと思います。


燗酒というと、なんとなくですが吟醸酒のような高いクラスのお酒は合わないと考える人が多いようです。
でも、実はというとそんなこともありません。

例えばの話ですが、八海山の大吟醸なんかはぬる燗にすると驚くほどに優しい印象になったりします。
もちろん冷でもおいしいのですが、
八海醸造の最高のおもてなしの一つとして大吟醸を温めるというのはごくごく普通に行われています。

じゃあなぜ吟醸酒のような高いお酒は燗にすべきじゃないと言われたのでしょうか?

実はみなさんご存知の通り、吟醸酒の一部銘柄には強いフルーツ香のようなフレッシュさを楽しむお酒があるんです。
特に近年ではそのようなお酒がすごく人気です。
女性にも飲みやすく、綺麗な香りとのみ口でどんどんファンを伸ばしていっています。
マツザキでいうと例えば【雅山流】や【水芭蕉】etc...がそんなお酒に当たるでしょうか。

雅山流 水芭蕉


そういったフレッシュで綺麗な呑口のお酒を温めてしまうと香りを損なうばかりか
反対にアルコールの香りが強く出てしまいそのお酒の魅力を失ってしまうんですね。


八海山の大吟醸は燗に合って雅山流の大吟醸が冷が合うと言うのはこんな理由があったんです。
一口に吟醸酒といってもこれだけの違いがあるってことですね。

吟醸も燗に合うということがわかったところで、

「じゃあ一体どんな酒なら燗にあうんだよ!」
ってみなさん思うとおもいます。

実は燗にあうお酒というのは大きく分けて2種類あると僕は思っています。(あくまで個人的見解です。)
その二つに共通することが酒の旨みを引き出すということです。

一つは先ほども言った八海山のような飲み口の綺麗なお酒です。
そのようなお酒を温めると、ただでさえ飲みやすい味がよりまろやかになり、冷のときよりもよりもっと優しくなります。
綺麗に精米することにより雑味のないふくよかな甘みがより燗にすることによってより引き出されます。
温めることによって米の旨みや甘みをうまく引き出してくれるんですね!

こちらのタイプはあまり日本酒が得意ではない方でも楽しめるお酒だと思います。

マツザキで言うと【八海山】や【鶴の友】、【勝駒】なんかがそのタイプかなっと思っています。

八海山 勝駒 鶴の友


そしてもう一つが旨みや酸味の強いお酒です。
俗に言う燗酒コンテストなどで賞をとっているようなお酒はこちらのお酒に分類されることが多いです。
特に山廃造りや生酛造りのお酒はもともと燗して飲まれていたお酒ですので温めることによって旨みが増していくんですよね。
その、温めることにより、旨みが増した状態のことを燗開きしたというんです。
ワインをグラスでまわして味がかわるのに少し似ているきがします。
なんだかお酒ってほんとうにロマンですよねー。

マツザキで言うと 【天狗舞】 【菊姫】 【九平次 月と火の間に】なんて良いんじゃないでしょうか。

九平次 天狗舞 菊姫





もちろんほかにも燗にすることで美味しくなるお酒はたくさんありますし、是非新しいお酒を買ったら冷と燗で飲み比べてみてください。
自分の中のうまい燗酒リストをつくってみたり(笑

こんなうんちくを言いましたが僕は大衆居酒屋さんで飲む、銘柄もないようなお酒の燗酒も大好きなんですよね。
燗にすると旨みが増してのみ口もやわらかくなることから安いお酒も美味しくのめます。
外も財布も寒い僕にはすごく優しくて温まるお酒です。

居酒屋さんの熱燗には安いお酒をなるべく美味しく呑んでもらいたいという優しさが詰まっているんですね。

今日も居酒屋で熱燗を数杯飲んで体も温まったら

「マスター!ちょっと天狗舞を温めてよ!」
なんて、ちょっとかっこつけてみたり(笑

あー酒がのみたい。ということで今日はここらで居酒屋さんで会ったらよろしくおねがいしますね(笑 
スポンサーサイト



【2012/11/21 18:23】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「八海山」試飲・試食販売会 | ホーム | 新酒の季節へ突入!?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://1887matsuzaki.blog134.fc2.com/tb.php/325-0d2e2189
| ホーム |
PROFILE
マツザキすたっふ
CALENDER
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • (03/11)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH