FC2ブログ
こだわりの酒のお店マツザキ スタッフよろずブログ 
気になるお酒のこと、小江戸川越の情報やスタッフのこぼれ話をお届けします!
『八海山』を知る DVD。
 こんにちは “Y” です。

 『八海山』と言えば、言わずと知れた 越後・魚沼 の銘酒。
どんな蔵でどんな風に造っているのか、ちょっと見学して
試飲なんか出来たら幸せですよね。 
 でも、残念ながら、一般の人は簡単には入れません。

 そこで、簡単に、しかもジックリと『八海山』を知る事が出来る
DVD(税込み ¥210)を紹介したいと思います。
 自宅で『八海山』を飲みながら お楽しみ下さい。

画像 519-2

 内容は 2部構成で、次の通りです。

  1.八海醸造における特別大吟醸の企業的意義 <20分>
      『八海山』には、蔵の特別なおもてなしとして
     供される以外、一般市場に出る事のない
     特別な大吟醸があって、それが何か、また、
     その市販しない酒を何故に造り続けるのかを
     知る事が出来ます。 
     
  2.レギュラー酒の高品質化への挑戦 <17分>
     ~第二浩和蔵にみる日本酒の製造工程と構造~
      普段の『八海山』が、どの様に造られているのか、
     最新鋭の第2浩和蔵の紹介と、そこで行なわれている
     酒造りを紹介しています。
      質と量、相反する課題を両立させる為の、
     八海醸造の取り組みを知る事が出来ます。

 なお、今ならば限定で、蔵元・南雲二郎氏が、今の日本酒や
『八海山』について熱く語った、特別解説書が付いています。

 では、ちょっとだけ中身にふれてみましょう。

RIMG2086-2.jpg

 上の写真に写っているのが、特別な大吟醸(非売品)です。

 蔵の別棟、奥座敷で “おっかさん” (大奥様)の手料理と
ともに供される、おもてなしのお酒です。
 おいしい魚沼の郷土料理とともに、冷酒で燗でと酔い浸り、
「もう帰りたくない!」のです。

 しかし、先にも言いましたが、一般の人は奥座敷へは入れません。
そこで、第二浩和蔵に隣接する【そば屋 長森】(↓)がオススメです。

RIMG2035-2.jpg

 『泉ビール』も『八海山』も 各種あって、つまみ類も充実。
広大な敷地を眺めながら、古民家を移築した店内もゆったり。
おいしい そば をすすりながらの酒宴ときては、
「もう帰りたくない!」のです。

 ところ変わって、『八海山』の仕込み水“雷電様の水”の水場。(↓)

RIMG2047-2.jpg

 夏でも涼しい山中に、心地良い滝音をたてて流れ落ちる清水。
冷たくてやわらかな水を口にし、豊かな自然に抱かれていると、
「もう帰りたくない。」のです。

RIMG2063-2.jpg

 最新鋭の “第二浩和蔵”。(↑)(↓)
売るほどに酒がある中で 各種『八海山』を飲み比べては、
見学もそこそこ。「もう帰りたくない。」のです。

RIMG2065-2.jpg

 で もって、このDVD、本当に こんな内容だったかな?
何か違う気もするけれど、お酒を買うついでに 買って見て
下さいな。安いし。(¥210 税込)
 レジで言って下さいね。

 では、また。



スポンサーサイト



【2013/02/22 18:05】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Nの放浪記 | ホーム | Nの放浪記>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://1887matsuzaki.blog134.fc2.com/tb.php/364-fdaf8349
| ホーム |
PROFILE
マツザキすたっふ
CALENDER
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • (03/11)
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH